地域福祉ネットワーク見守り模擬訓練

 2017-02-23
 嵐口地区のコミュニティーセンターで、社会福祉協議会主催の認知症見守り模擬訓練が実施されました。
 訓練に参加した地域住民及び協力事業所の約50名は、地域福祉ネットワーク事業の説明や認知症高齢者に対する対応方法、ネットワーク事業の流れ、寸劇による認知症の方への対応が行われました。
IMG_3905.jpg
(寸劇の様子)

 その後、声かけ模擬訓練が行われました。
 これは、地域内で迷った認知症患者への対応を学ぶ為、社協の方が患者役となり、参加住民が声かけ訓練をするものです。
 本来は、屋外で行われる訓練ですが、当日、御所浦等では珍しく雪がふぶく悪天候であり、体育館内にて行われましたが、参加者は、
       認知症の人への対応心得 3つの「ない」
       1 驚かせない
       2 急がせない
       3 自尊心を傷つけない
に気をつけて声かけを行っていました。
IMG_3907.jpg
(声かけ訓練の様子)

 認知症高齢者は、高齢者の5人に1人が発症する身近な病気であることを理解した上で、正しい対応をしなければなりません。
 今後も、認知症による迷い人等が増えることが予想されますが、事故等を防止するために、地域一丸となり、様子がおかしいと思った場合は積極的に声をかけるようにしましょう。
 ケガがあるなど、緊急を要する場合は、消防・警察への連絡をお願いします。

 ところで、最近天草市内で高齢者を対象としたオレオレ詐欺が発生しています。
 現金を振り込む前に、本人かを再確認し、必ず家族や警察への相談をしましょう。
カテゴリ :雑記 トラックバック(-) コメント(0)
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

御所浦駐在所

Author:御所浦駐在所
平成26年春の異動で御所浦駐在所に赴任しました。
よろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ